読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日、なに食べよう?〜有機野菜の畑から~

旬の野菜と珍しい野菜の簡単レシピ

スポンサーリンク

盛岡じゃじゃ麺と仕上げのお決まり鶏蛋湯(チータンタン)のレシピ

果菜 根菜 葉菜 きのこ類

盛岡じゃじゃ麺

盛岡じゃじゃ麺の完成写真

 皆さんは「じゃじゃ麺」ってご存知ですか? 「ジャージャー麺」ではありません、「じゃじゃ麺」です!
 
「盛岡冷麺」「わんこそば」と並ぶ盛岡のソウルフードなんですが、「盛岡冷麺」や「わんこそば」は全国的に知られているのに、「じゃじゃ麺」だけは今ひとつ。
 
そこで今日は、以前東北に住んでいた姉さんが「じゃじゃ麺」のレシピを紹介します…って言っても、ホントは自分が食べたいだけなんですけどね。
 
今じゃ盛岡はあまりにも遠くて食べに行けないので、自分で作るしかない姉さんに今日はお付き合いくださいね。(盛岡に足を伸ばせるひとは、是非本場の「じゃじゃ麺」を食べてみてね!)
 
作り方は肉味噌の材料さえ揃えば簡単です。肉味噌は作りやすい量で多めに作っておけば何かと便利、麺だけじゃなくご飯にも合いますよ。
 
意外と食べ応えがあるので、男性でも十分満足感が得られると思います。それとね、「じゃじゃ麺」を食べ終わったあとの器にうどんの茹で汁を注いでスープもいただくんです。
 
濃厚な肉味噌の「じゃじゃ麺」を平らげて、仕上げにお決まり鶏蛋湯(チータンタン)を飲み干す…さすれば余は満足じゃ!
 
 
材料(3人分)
  • 半生うどん      300g
  • 肉味噌(下に作り方)      適量
  • キュウリ      1本 
  • 細ネギ      適量
  • おろし生姜      適量
 
〈肉味噌の材料・作りやすい量、8〜10人分くらいできます〉
  • 豚挽肉      100g
  • 玉ねぎ      1個
  • 干し椎茸      8g(戻し汁を取っておく)
  • 赤味噌 130g
  • 練り胡麻・黒      36g(チューブ1本)
  • 練り胡麻・白      30g
  • 山椒醤油       大さじ1(なければ粉山椒と醤油)
  • 紹興酒      小さじ2
  • 鶏ガラスープの素顆粒      大さじ3.5
  • オイスターソース      小さじ2
  • サラダ油      大さじ1
  • 胡麻油      大さじ1
  • その他好みで、ラー油・酢・にんにく・粉山椒など
 
肉味噌の作り方
  • ①   戻した干し椎茸と(戻し汁は後で使う)玉ねぎをみじん切りにする。

 

玉ねぎをみじん切りにした写真

  • ②   フライパンにサラダ油を熱し、玉ねぎを透き通るまで炒める。
  • ③  ②に①の椎茸を入れ少し火を通したら、挽肉を加え炒める。この時、紹興酒を加える(なければ日本酒)。

 

紹興酒を加えるところの写真

  • ④   ③のフライパンを1度火から下ろして、味噌・練り胡麻(白・黒)・オイスターソース・鶏ガラスープの素・山椒醤油を入れる。

 

肉みそ完成間近の写真

  • ⑤   ④に椎茸の戻し汁を少しずつ加え、好みの固さになったら火にかけ軽く煮立てる。(戻し汁は全部使わなくて良い)

 

椎茸の戻し汁を少しずつ加えている写真

  • ⑥   仕上げに胡麻油を加え混ぜ合わせる。
 
 
じゃじゃ麺の作り方
  • ①   うどんをたっぷりの湯で表示時間茹でる。
  • ②   茹でてる間に、キュウリを斜め薄切りの太めせん切りにし、ネギは小口切りにしておく。おろし生姜を作っておく。

 

キュウリを切ってる写真

  • ③   器に湯きりした熱いうどんを盛り、②のキュウリとネギ、肉味噌とおろし生姜をのせる。その他好みの調味料があれば、加えて混ぜ合わせて食べる。
 
 
仕上げの鶏蛋湯(チータンタン)

鶏蛋たんスープの写真

  • じゃじゃ麺を食べ終わった器に肉味噌とネギを少し入れる。生卵を溶き、熱々のうどんの茹で汁を加えていただく(好みで味は調整してください)。このとき生卵は常温に戻しておいたほうが美味しいです。