読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日、なに食べよう?〜有機野菜の畑から~

旬の野菜と珍しい野菜の簡単レシピ

スポンサーリンク

ジェノベーゼソースの作り方とパスタのレシピ

ハーブ類

思ったより簡単で美味しいジェノベーゼ

幸せのペストジェノベーゼ

 この季節になると、必ず作るジェノベーゼソース。最後のスイートバジルで作ります。一度作っておくとパスタやサラダその他いろいろ大活躍、タップリ作ったつもりでもすぐに無くなってしまいます。
 
よし、今年はいっぱいいっぱいストックしよう!1年間、いや、せめて半年はもつように。と言うわけで、今日は基本のソースとそれを使ったパスタを作ります。
 
作り方は思ったよりも簡単なので、是非作って濃厚なスイートバジルの風味を堪能して下さい。もうバジルを片づけてしまった方、記事のUPが遅くなってごめんなさい。
 
 
 
畑のスイートバジルは元気!

まだまだ元気な畑のバジル

 
 

スポンサーリンク

 
 
 
ジェノベーゼソースの材料(作りやすい量)
  • スイートバジルの葉      100g
  • 松の実      20g
  • ニンニク      1片
  • オリーブオイル      200ml
 
 
ジェノベーゼソース

ジェノベーゼソース

 
ジェノベーゼソースの作り方
  • ① 松の実を200度のオーブンで2〜3分ローストする。
  • ② ミキサーに松の実、ニンニク、オリーブオイルを入れ、バジルの葉を数回に分けて入れペースト状になるまで攪拌する。(色良く仕上げるにはミキサーの容器部分を冷蔵庫で冷やしておくと良い)
 
この段階で瓶などに入れ保存します。上の部分の色が変わるのが気になる場合はオリーブオイルを入れ膜を作ると変色しません。大量に作るときはジプロックなどのフリーザーバッグに入れ、冷凍しておくと便利。
 
 

思わずヨダレが出そうなジェノベーゼパスタ

 
ジェノベーゼパスタの材料(1人分)
  • リングイーネ (好みのパスタで良い)     80〜100g
  • ジェノベーゼソース      大さじ2
  • パルミジャーノチーズ(粉)      大さじ1
  • オリーブオイル      大さじ1
  • 塩      適量(1〜2つまみくらい)
  • 粗挽き黒コショウ      適量(好みで)
 
ジェノベーゼパスタ材料

ジェノベーゼパスタの主な材料

 
ジェノベーゼパスタの作り方
  • ① 鍋に水を1.5ℓ入れ沸騰したら塩大さじ1(分量外)を加え、リングイーネを茹でる。
  • ② 茹でてる間にフライパンにジェノベーゼソース、オリーブオイル、パルミジャーノチーズを入れる。
  • ③ ①のリングイーネを茹で上がり表示時間の1分前に②のフライパンに移す。パスタの茹で汁大さじ1〜2をフライパンに加え、ソースが絡むようによく混ぜ合わせる。1度味見をしてみて、足りないようなら塩を1〜2つまみくらい足す。(チーズの塩分に違いがあるので必ず1度味をみて!)好みで黒コショウをひく。
  • ④ ③を器に盛りあればバジルの葉を添えれば完成です。
 
 
私の手ではありません!

今年もタップリ作りました!

ホマレ姉さんの家では、普通は入れるインゲンとかジャガイモなんかは入れません。とにかくバジルの風味を味わいたいので、それ以外は余計に感じちゃって…。
 
一般的なジェノベーゼソースでは松の実を使いますが、アーモンドやピーナッツなど好みのナッツで良いと思います。青森の人は胡桃、千葉の人はピーナッツなど、それぞれ身近にあるものを使うのが1番だと思っています。
 
もうすでに粉になってるパルミジャーノよりも固形ものを直前にスリおろして使えば、風味が豊でより深い味わいになります。
 
一度自分でジェノベーゼソースを作ったら、もう二度と外では食べれません。どんな高級イタリアンでも絶対に我が家の方が美味しいので、ジェノベーゼだけは注文する気になれないのです。
 
だって採りたてのスイートバジルで作るジェノベーゼソースを、これでもか!ってくらい使うんですもん。本当に最高のものは、お金じゃ手に入らないってことです。
 
 
パスタの人気レシピはコチラ

www.homarecipe.com

 

www.homarecipe.com

 

www.homarecipe.com