読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日、なに食べよう?〜有機野菜の畑から~

旬の野菜と珍しい野菜の簡単レシピ

スポンサーリンク

ホマレ姉さん地元のB級グルメ〜肉めし!

根菜 きのこ類

庶民のヒーロー〜肉めしのレシピ

肉めし

 以前、地元でよく食べられる「キャベツの和風サラダ」を紹介しましたが、この時に一緒に食べられていた炊き込みご飯がこの「肉めし」です。
 
各家庭で微妙に作り方が違ったりするのですが、その中でも近所のおばちゃんが作る「肉めし」がやたらと美味しいので作り方を聞きました。(田舎に暮らすと、こういうところは図々しくなりますね。)
 
今日はそのおばちゃんに伝授してもらった「肉めし」の作り方を教えます。これはホントお年寄りから子供まで大好きな味なんです。
 
そして殆どオカズも要らないくらい、漬物でもあればそれでもう充分です。作り過ぎて残っても大丈夫。一晩おいた二日目、味が良くしみた「肉めし」がこれまた美味しいの!
 
 
材料(作りやすい量)
  • 米      3合
  • 牛バラ薄切り肉      240g
  • ニンジン      40g(太いところ5㎝くらい)
  • ごぼう      40g(20㎝くらい)
  • 干椎茸      10g
  • 油揚げ      25g(1/2枚)
  • ちくわ      1本
  • 出汁用昆布      1枚(5×8㎝くらい)
  • サラダ油      大さじ1
 
〈炊き込みごはん用調味料〉
  • 酒      大さじ2
  • 醤油      大さじ2
  • 塩      小さじ2/3
  • 干し椎茸の戻し汁      約1カップ
〈肉炒め用調味料〉
  • みりん      大さじ3と1/2
  • 醤油      大さじ3と1/2
  • 砂糖      小さじ2
 

主な材料

 
作り方
〈先ず、炊き込みごはんを炊きます。〉
  • ①   米を洗い30分水に浸けておきザルにあげる。
  • ②   ニンジンは小さな銀杏切りにし薄切り、ごぼうはささがきもしくは細めの斜め薄切りにする。
  • ③   油揚げは3㎝長さの細切り、ちくわは銀杏切りにし薄切りにする。
  • ④   干し椎茸は1カップの水に浸けておき、薄切りに。(戻し汁は使います。)
  • ⑤   炊飯器に①の米と②〜④の具、軽く拭いた昆布、炊き込みご飯用調味料、椎茸の戻し汁の濾したものを入れ、普通のご飯と同じ水加減で炊く。

 

まずは炊き込みご飯を作る

〈ご飯を炊いてる間に、肉を炒めます。〉
  • ① 牛バラ薄切り肉を3㎝長さに切り、熱したフライパンにサラダ油をなじませ肉を炒める。

 

肉を料理

  • ② 肉の色が変わったら肉炒め用調味料を加え、絡めながら煮詰める。(汁は適度に残して。)
  • ③ ご飯が炊けたら、②を肉汁ごとご飯に加え混ぜ合わせる。

 

炊き込みご飯に肉を混ぜて

  • ④ 器に盛って出来上がり!

 

 

翌日は味がしみて、もっと美味しくなる!

 
ポイントは
  • 値段の安いバラの薄切り肉を使うこと。高級な肉よりも、そのほうが肉の脂がタップリ出て美味しいの。「肉めし」は庶民のつよぉーい味方なんです!
 
  • 家族構成によって野菜の切り方を変えてください。お年寄りや小さな子供の居るお家では野菜を小さく切ったほうがいいかも。特にごぼうなどは大きいと食べにくいものです。
 
 

「キャベツの和風サラダ」が気になった方は…

「この前のキャベツ、残ってたよなぁー」を使い切る、和風サラダ - 今日、なに食べよう?〜有機野菜の畑から~