読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日、なに食べよう?〜有機野菜の畑から~

旬の野菜と珍しい野菜の簡単レシピ

スポンサーリンク

コスパ最強!丼ぶりレシピ〜合言葉は「困った時には舞茸天丼!」

きのこ類

安くて旨い! 舞茸天丼

舞茸天丼の写真

 以前、ホマレ姉さんは仙台に住んで居ました。東日本大震災のずーっと前の話です。その日は仕事で山形に用があり、仙台から山形へ抜ける山の中でした。そこで姉さんは出会ってしまったのですよ…舞茸天丼なるものに…。
 
 今からその舞茸天丼のレシピを紹介しますが、我が家ではコスパ最強メニューとして、再三食卓に登場します。今日使った舞茸も1パックで120円でした。
 
でも味は折り紙付き、これに味噌汁と漬物があればもう完璧な食卓です。姉さんの主婦友の間では「困った時には舞茸天丼!」が合言葉になっているくらいです。
 
丁度きのこにピッタリの季節です。主婦じゃなくても是非お試し下さいね。
 
 

材料の写真

 
材料(2人分)
  • 舞茸       1パック(100g)
  • 薄力粉      50g
  • ベーキングパウダー       小さじ1/2
  • 氷水       100ml
  • 温かいご飯      1膳分
  • 市販つゆ      適量
  • 揚げ油       適量
 
作り方
  • ①   舞茸をいくつかに分け軽く薄力粉を振っておく。(衣が剥がれにくくなる)

 

分けた舞茸に薄力粉を振っているところ

  • ②   薄力粉とベーキングパウダーを混ぜ合わせ、氷水を加え、2〜3回箸で軽く混ぜる。ダマが残るくらいで良い。

 

薄力粉とベーキングパウダーを混ぜ合わせ、氷水を加え混ぜてるところ

  • ③   揚げ油を180℃に熱する。(衣を落とし、鍋底に着くか着かないかで直ぐに浮き上がってくる状態)
  • ④   ①の舞茸を②の衣にさっとつけて油に入れる。カリッと揚げたら油を切る。

 

舞茸に衣をつけているところ

  • ⑤   希釈用つゆの場合は薄めるなどして、天つゆ用のつゆを準備する。
  • ⑥   ご飯を器に盛り、つゆを適量回しかけ、(舞茸にかける分を残しておく)④の舞茸天ぷらをのせる。
  • ⑦   食べる時に舞茸につゆをかけ、好みで七味唐辛子をふって頂く。

 

好みで七味唐辛子をふってください

ポイント
  • 栽培もののきのこは洗わないで使うこと。
  • 粉を溶く水は必ず氷水で。ベーキングパウダー・卵液は好みで使用する。
  • 揚げ油の温度に注意すること。
 
 
キノコのレシピです。