読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日、なに食べよう?〜有機野菜の畑から~

旬の野菜と珍しい野菜の簡単レシピ

スポンサーリンク

家庭で作るグリッシーニの作り方(ローズマリー&タイム)

ハーブ類

ハーブのグリッシーニ

ローズマリーとタイムのグリッシーニ

 ハーブと言えば、皆さんは何がお好きですか? ミントやバジル、ローズマリーやタイム等々…いろいろ育てている方も多いのではないでしょうか?…
 
 せっかくハーブを育てているんだから、観たり、香りを楽しむだけでなく、味わいたいものですよね。そこで今日は、鉢植えの量でも十分に楽しめるグリッシーニのレシピを紹介します。
 
カリッと軽い口当たりが美味しい、思わず食べ過ぎてしまうイタリアの味です。今回、加えるハーブはローズマリーとタイム。もちろん、使うハーブは他の種類でもかまいません。
 
バジルやオレガノ、マジョラムなんかでもOK!です。ただ、この場合はドライにした方が良いと思います。プレーンのグリッシーニは、今回のレシピからハーブを除いて作ればできます。
 
手作りのグリッシーニ! 作ってから日にちが経った市販のものとは味が全く違います。「手作りは美味しい!」を実感して下さいね。
 
 
材料(1種類分、約30本)
2種類作る時は1種類づつ用意して下さい。
  • 強力粉      125g
  • 塩      小さじ1/2
  • オリーブオイル       大さじ1/2強
  • 生地に加えるぬるま湯       大さじ2.5
  • セモリナ粉      適量
  • ローズマリー・タイム      適量
  • ドライイースト       小さじ1/2
  • ドライイースト用のぬるま湯       大さじ2    
 
作り方
 
〈生地を作る〉
  • ①   ぬるま湯にドライイーストを降り入れ混ぜ5分間おく。(予備発酵)
  • ②   ボールに強力粉・塩・使うハーブを加え手で混ぜ、中央に凹みを作り①を加え軽く混ぜる。
  • ③   ②中央に、もう1度凹みを作りオリーブオイルとぬるま湯を加え、手で1つにまとまるように混ぜ、その後、手のひらで3分ほどこねる。

 

生地をこねているところ

 
〈発酵させる〉
  • ④   台の上にたっぷりのセモリナ粉を降り、③の生地をめん棒で5㎜厚さの20×15㎝の形にのばす。

 

生地をのばしているところ

  • ⑤   ④の上にオリーブオイル(分量外)を塗り、たっぷりのセモリナ粉をまぶす。
  • ⑥   バットなどに⑤を置きラップをふんわりかけて、暖かな場所で1時間ほど発酵させる。(2倍にふくらむ)
 
〈焼く〉
  • ⑦  オーブンを160〜170℃に温め、天板にオーブンシートを敷いておく。
  • ⑧   ⑥の生地を上から手のひらで押してガス抜きし、5㎜幅に切る。

 

生地を5㎜幅に切っているところ

  • ⑨   ①の天板に並べ30〜35分間焼く。良く冷まして湿気ないように保存。
 
ハーブはローズマリー生葉の場合は葉だけをハサミでみじん切りに、タイムの場合は葉先から手でしごいて葉だけにします。どちらも乾燥の方が香りが強いので加える量を加減して下さい。
 
発酵は、25〜30℃に保ちます。夏場なら室温で、温度が足りない場合はヒーター付近など暖かな場所を探してください。発酵モードが付いているオーブンのある人は、それを利用すると簡単です。