読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日、なに食べよう?〜有機野菜の畑から~

旬の野菜と珍しい野菜の簡単レシピ

スポンサーリンク

岡山名産の白桃を使ったホワイト・サングリアのレシピ

フルーツ ハーブ類

白桃のホワイト・サングリア

白桃のホワイト・サングリア

 ホマレ姉さんの住んでる岡山では、桃と言ったら白桃なんです。その白桃は7月の下旬から8月の上旬の今がまさしく旬! そんな旬の白桃を使って夏らしいデザートレシピなんかないんかな?…
 
で作ってみたのがホワイト・サングリア…(ってデザートじゃないけど…)。実は姉さんは下戸なので、お酒をオシャレに愉しむ人にずっと憧れていました。お酒弱いとちょっとだけ人生を損した気分なんです。
 
でもサングリアってほら、甘み足したり、割ったり、各自好みにできるじゃない。その上、フルーツが入るから飲みやすそうなイメージ。
 
基本はスパイスの効いた赤なんだろうけれど、ここは地元産の白桃! せっかくの白を活かして白ワインにハーブで行きたいところよね。
 
普通、桃はピンク色ですが、岡山の白桃は丁寧に1つずつ袋掛けをし、光を遮って作ります。それであの上品な白い桃になるんです。とても手間の掛かる仕事で、大雑把な姉さんにはとても無理です。
 
また、桃はとてもデリケートな果物で、チョっとでも強く触れてしまうと、そこが変色して傷んでしまいます。これまた大雑把な姉さんにはとてもマネできません。
 
熟した白桃は、縦に包丁を入れて両手で捻るとパカっと半分に出来ます。皮は手でスーッと剥けますが、ちょっとだけ若い時は包丁を使った方がスムーズに剥けます。
 
 
スポンサーリンク
 
 
 
材料(作りやすい量)
  • 白桃      2個
  • 白ワイン       500〜750ml
  • ライム       1個(なければレモン)
  • はちみつ       大さじ2(またはガムシロップ)
  • ミント       適量
  • レモングラス       適量(あればでよい)
  • 炭酸水      好みの量
 
 
作り方
  • ①   桃は皮を剥き1個をくし形に切る。

 

白桃を切ってる写真

  • ②   ライムは薄く輪切りにする。

 

薄切りにしたライムの写真

  • ③   器に①の桃と②のライム、ミントと10㎝くらいの長さに切ったレモングラスをいれ、はちみつを加える。

 

器に材料を入れた写真

  • ④   ③に白ワイン(高いワインじゃ無くてもいいわよ…)を注ぎ、軽く混ぜ冷蔵庫で3時間くらい冷やす(※酒税法の関係上、直前に注いでください…)。

 

白ワインを注いでいる写真

  • ⑤   ④を器に入れ、好みの量の炭酸水で割って頂く。

 

炭酸で割ったホワイト・サングリアの写真

甘味控えめで作ってますので、甘味の足りない方は後から甘味を加え、各自の好みに調整して下さい。この時はガムシロップを使うと溶けやすくて良いです。
 
甘めが好きな方は、炭酸をサイダーなどの甘い炭酸飲料に代えて割っても良いですね。ワイン好きの方は少しの甘みとワインのみでどうぞ。
 
暑い夏はさらに冷たく、姉さんは氷も入れてしまいます。