読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日、なに食べよう?〜有機野菜の畑から~

旬の野菜と珍しい野菜の簡単レシピ

スポンサーリンク

野菜嫌いの子供でも喜んで食べてくれるレシピ〜新玉ネギとベーコンのマフィン

根菜

作り方も至って簡単!

玉ネギとベーコンのマフィン

 いつもの年ですと梅雨入り直前に玉ネギを収穫し終わるのですが、今年は特に玉ネギの出来が悪く、上手く玉が大きくなってくれませんでした。
 
気候のせいなのかどうかは分かりませんが、例年の3分の1か4分の1くらいしか収量がないんじゃないかしら…。
 
これだけひどい年は経験がないんですが、他の農家さんも同じ様なことを言っていたので、今年は玉ネギが不作の年だったんだんですかね…。
 
今日はそんな貴重?な玉ネギを使って、ご飯としてもおやつとしても美味しくいただけるマフィンを作ることにしました。
 
砂糖は少ししか使ってませんが、飴色になるまで炒めた玉ネギの甘味が加わるので、思ったよりも甘さを感じます。
 
また、玉ネギと相性抜群のベーコンが想像通りの良い働きをしてくれているので、玉ネギが嫌いなお子さんでもきっと喜んで食べてくれると思います。
 
味に深みを出すためにパンプキンシードを加えましたが、お好みでヒマワリの種や他のナッツ類を加えても美味しいのではないでしょうか?
 
やっぱり玉ネギって甘いんだなぁ…と再認識するマフィン。作り方はとても簡単なので、是非トライしてみてくださいね。
 
 
材料(6個分)
  • 玉ネギ      1個
  • ベーコン      80g
  • パンプキンシード      大さじ2
  • 薄力粉       200g
  • ベーキングパウダー      小さじ2
  • 牛乳      150ml
  • きび砂糖      大さじ2
  • サラダ油          大さじ3
  • 塩       ふたつまみ
  • マフィンカップ      Φ55×H50を6個
 
 
スポンサーリンク
 
 
 

作り方

  • ①   ベーコンは7㎜幅の短冊に切り、玉ネギは皮を剥き縦2つに切ったものを繊維に直角に薄切りにする。

 

玉ネギとベーコンを切っておく

  • ②   フッ素樹脂加工のフライパンでベーコンを炒め、ベーコンから油が出てきたらペーパータオルに取り出し広げる。
  • ③   ②のフライパンの油をふき取り、サラダ油大さじ1(分量外)を入れ火にかけてスライス玉ネギを飴色に色づくまで炒める。

 

玉ネギを飴色に色づくまで炒める

  • ④   ボウルに②のベーコンと③の玉ネギ、軽くローストしたパンプキンシード、牛乳、砂糖、塩、サラダ油(大さじ3)を加えよく混ぜ合わせる。

 

ベーコン、玉ネギ、パンプキンシード、牛乳、砂糖、塩、サラダ油を加えよく混ぜる

  • ⑤   ボウルに薄力粉とベーキングパウダーを加えよく混ぜ合わせる。
  • ⑥   ④に⑤を加え切るように混ぜる。(多少粉っぽくても大丈夫、捏ねないで!)

 

薄力粉、ベーキングパウダーを加え、切るように混ぜる

  • ⑦   マフィンカップに⑥の生地を6個均等にスプーンで入れる。

 

マフィンカップに出来た生地を入れる

  • ⑧   180°Cのオーブンか、オーブントースターで20分前後焼く。

 

180°Cで20分くらい焼く

ポイント

  • 竹串を刺して焼き具合を確認し、生地が串に付いて来なければOKです。ちょっと表面に焼き色を付けても美味しいですよ。